旬の野菜や果物を産地直送! 最新市場情報をまるごとお届け!

トップページ お問合せ

なす

産地県 出荷者 出荷期間
高知 まるよ野村
カネエイ
10月~6月中下旬
群馬 JA玉村
JA新月
JA板倉
3月上旬~11月中旬
埼玉 JAひびきの児玉
JA川里
JA藤沢
3月中旬~11月上旬
山梨   6月中旬~9月
福島 JAすかがわ 7月~10月
熊本市
(長なす)
  11月中旬~6月中旬
福岡
(長なす)
  11月中旬~6月中旬
最新情報   特徴
地方色が強い野菜であり、関東では長卵形のなすが主流であるが、近年は九州産の長なすも多い。京都地方では水なす、賀茂なすなども出ており、数多くの品種が存在する。
各産地ともに生産者の高齢化もあり、生産量は減少傾向。
94%が水分で、食物繊維、ビタミン、ミネラルなどをわずかに含んでいる。なすの紫色の色素である「ナスニン」は、血管を広げてコレステロール値を下げるだけでなく、油分を吸収するので、ビタミンEの摂取に効果的である。表皮が乾燥するとぼけの進行が早い。
 
豆知識   選び方
「秋茄子は嫁に食わすな」という言葉がありますが、その意味には3つの説があります。
1.憎らしい嫁においしい茄子はもったいない
2.体を冷やすので大切な嫁に食べさせない
3.秋茄子は種が少ないので子種ができなくならないように。
 
表面が濃い紫色でツヤがあり、ヘタの切り口が新鮮で、ヘタのトゲがとがっているものがよい。 鮮度が低下すると表面の光沢がなくなり、種子部も含め全体が変色してくる。